スポンサードリンク

メソセラピーは、美容整形外科で施術さらる痩身術です。メソセラピーとは、高脂血症や脂肪肝などの治療薬として使用されていたもので、代謝機能を高め脂肪を燃焼させたリセルライトを分解する作用のある脂肪溶解剤を、皮下に注射することで、脂肪部分の除去や脂肪放出の誘発し、溶け出した脂肪は血液中を経て尿や便として排出され、血液循環の改善や、エネルギーの燃焼を自然に近いかたちで理想的な脂肪除去を行う治療法のことで、部分的に痩せることを可能にし、たるみ取りを可能にしています。

メソセラピーは、皮下注射を利用した治療法で、ヨーロッパでは古くから行われていた治療方です。痛みの治療として、フランスにおいて1950年代に医師が開発した注射療法で、施術に伴う痛みをほとんど感じさせません。近年になって脂肪溶解治療として注目が集まり、アジア各国やアメリカなど世界的に広がりを見せています。脂肪溶解注射の治療は通常よりも細い注射針で、治療部位に直接、有効成分を少量ずつ注入するため、腕、背中、顔、首、腹部、脚、二重顎など気になる部分の部分やせを始め、体の各部位の脂肪を減少の改善に適しており、医療分野や美容外科手術における一つの選択肢として先進国など世界の19カ国以上で認められている美容整形の施術方法です。

メスを使わない手術である脂肪吸引というとメソセラピーは、局部を集中的に脂肪細胞を減少させるという点では同じですが、脂肪吸引の手術とは原理や効果も全く異なります。痩身の美容整形手術としてに広く行われている脂肪吸引術に比べると、非常に危険性も低く、通常のダイエットのような食事制限も必要なく、バストなどのダイエットの必要性のないボリュームを保ちたい体の部分はそのままに保つことが可能で、簡単に尚且つ従来の部分的な痩身術療法よりも格安で行えるのがメリットと言われています。

メソセラピー(脂肪溶解注射)は、それ単体の施術でウエスト部分で3〜4cmの減少が可能と言われていますが、あくまで部分的な脂肪燃焼を助けるものであり、全体的なダイエットの効果を出したい時には向いていません。脂肪溶解に使われるホスファチジル-コリンが、安全であるといわれる大豆レシチンの成分でできていますが、植物の成分だからといって100%安全ということにはなりませんので、メソセラピー手術と脂肪吸引のそれぞれにメリットやデメリットがあり、どちらを選ぶかは施術をうけるクリニックの医師とよく相談のうえ決定しましょう。このサイトでは、長野、静岡、山梨、新潟などのメソセラピーや脂肪融解注射をおこなっている美容外科の情報やキャンペーンや口コミを紹介していきます。

メソセラピー|美容皮膚科

美容皮膚科スキンクリニック 新潟院
http://www.biyou-hifuka.jp/niigata/index.html
住所:
〒950-0088
新潟県新潟市中央区万代1-2-3 コープ野村万代2F
アクセス:
新潟駅より徒歩2分
電話番号:
全国共通フリーダイヤル
0120-58-9696 *携帯・PHSからもご利用になれます。
新潟院 直通ダイヤル 025-241-7175
診療時間:
10:00〜19:00<完全予約制>
電話受付/10:00〜19:00
休診日:
→こちらまでお問い合わせ下さい。
診療科目:
美容皮膚科
美容皮膚科スキンクリニックのメソセラピーの料金・価格・費用・値段・金額はこちら
http://www.biyou-hifuka.jp/niigata/index.html
口コミ・評判・体験談はこちらへ
posted by メソセテラピー 長野 | Comment(0) | 新潟県
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。